プロフィール

JUJUmamma

Author:JUJUmamma
女建築士の日々のブログです。
お客さまの無理難題を
笑顔で解決出来るよう
ゴールデンのジュジュ♀と
アメコカのメイ♀に
癒してもらいなっがら
日々がんばってます。
20歳年上の旦那様との笑える
日常も・・・

ゴールデンのジュジュ♀
2004,04,28生
アメコカのメイ♀     
2004,03,18生 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

バリアフリー住宅



今取り組んでいる図面は

重度の障害のある方が暮らす住宅です。



これまでも幾度か関わったのですが

それは通常の住宅とは使い勝手



大きく違います!!




今時の年を取った時の為の

バリアフリー仕様で安心


とはいかないのです!




 
その辺を

還暦を過ぎた違いの判る男

我が旦那に聞いてみましょう・・・




旦那は言います。



『将来、動けなくなった時の為に

バリアフリーで安心!・・・ですと?

それは単なる気休めに過ぎないだろう


例えば

IED「仕掛け爆弾」が怖いから

戦闘地域でのパトロールにランクルから

ハンビーに替えて安心!

みたいなもんだな。』





・・・?



マニアック過ぎるな・・・




辛い例えですが



今年の夏に亡くなったジュジュですが

ほぼ寝たきり状態になってからの世話は大変でした。


”室内飼い30キロのジュジュ”


食事をさせるのもトイレに連れて行くのも

旦那と二人掛りでした。

本当に長期間の対応になるなら家の間取りを

介護仕様にして負担減しなければ辛いでしょう。






さて

先日、大掃除を兼ねた衣替えをしていた時の事です。

タンスの奥からボールが出て来ました。



このボールはまだ元気だったころの愛犬ジュジュのモノ



何時か無くしていたのです。

とても懐かしく じっと見ていると

いつの間にか涙が出てきて止まらなくなりました。





もうジュジュは戻ってこない・・・




せめて同じ犬種「ゴールデンレトリバー」と


また暮らしたい!


でもジュジュに申し訳ない。




私は心の中で何か自分が納得できる

必然性とか運命的な出会いがあれば

一歩踏み出せるのに・・・。と考え始めていました。




その時ふと

7年位前の旦那の言葉 を思い出しました。



『僕も年だからもう大きな犬は飼えないな

もし飼う事があればフレンチ・ブルなんかイイかもな

そして

名前は”あんず”がいいな。』


と、唐突に言ったのです。






何故あんな事を言ったのか

今思い出しても妙な出来事でした。





それから数日経った頃

後輩のC子からメールで

『2歳のワンちゃんで女の子

どうしても飼えなくなったので

里親を探しているけど

どうかな?』



返信

『今はまだ無理だと思うけど

ちなみに犬種は?』




C子

『フレンチ・ブルで名前は

あんずちゃん。』




私は携帯の画面を見続けました・・・













『M&Jハウスデザイン』からのお知らせ

今を楽しむ我が家を造りませんか?
問い合わせ まずはメールで・・・ 『お問い合わせホーム』

注)施行は大分県内に限ります







ぽち   ランキングに参加しちょりますので   ぽち
        どれかおひとつポチリとお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分(市)情報へ
にほんブログ村
















スポンサーサイト

コメント

Secret

NoTitle

それは間違いなく運命の出会いです。

NoTitle

こんにちは。
それは偶然なのか、運命なのか・・・
悲しんでいるJUJUmammaさんを見て、ジュジュが一つのきっかけを与えてくれた・・・・
私はそんな気がします。

図面を考えるのは大変な事だと思います。
悩んだら、ビフォーアフターから何かヒントが思いついたりするのでしょうか。
私も大好きな番組で毎回ビデオに録っていますが、最近は放送がなく、寂しい日々を過ごしています。
がんばって下さい。

一歩!

踏み出せます様に☆☆☆

きっと
ジュジュちゃんも笑顔で応援している筈♪

お元気でお仕事頑張れます様に
心から願っております☆☆☆

NoTitle

おおお!

空から、ジュジュが手引きしたような?
ご主人の予言、すごいです!

我が家の犬は、介護も全く無くてよかったのか、
何処の家庭でも、介護の話を聞くと寂しいような。

でも、生きている頃は、どの人も犬も差別せず、
挨拶から相手をしていて安心できましたし、
最後は手がかからないような良い家族でした。

こう言う話を見聞きすると、ワンコを思い出します。
いまだに、家族の話題になるのは嬉しいことです。

「あんずちゃん」との続きは・・・
また、楽しい話になりそうで、期待しています。

NoTitle

信じられない。そんなことってあるんですね。
まさに運命の出会い。ジュジュちゃんもきっと喜んでいるんじゃないかしら。

NoTitle

ご主人の7年前の言葉が現実に?
もう運命としか思えないですね。
ジュジュちゃんはあんずちゃんをお迎えしても悲しんだりしないですよ。

NoTitle

JUJUmammaさん。こんにちは。はじめまして。

>このボールはまだ元気だったころの愛犬ジュジュのモノで
>いつの間にか涙が出てきて止まらなくなりました。

もらい涙が。。。止まりません。
8月10日、愛猫ミミちゃん(17歳)を亡くした『野の花日記』のマリコです。

ジュジュちゃんの介護、大変でしたね。
JUJUmammaさんと夫さんの手厚い介護のもと、虹の橋を渡ることができて
ジュジュちゃんもお幸せだったと思います。

気持ちを切り替えはできないけど、
思い出の中のジュジュちゃんと一緒に
「あんずちゃん」をお迎え出来たらハッピーですね。

私たち夫婦は高齢で、新しい家族を受け入れることが難しいのですが…。

「思い出のジュジュちゃん」「あんずちゃん」「メイちゃん」のお話を聞けることを楽しみにしております。

お仕事も頑張ってくださいね。ご自愛を。ではまた(^^)/。