プロフィール

JUJUmamma

Author:JUJUmamma
女建築士の日々のブログです。
お客さまの無理難題を
笑顔で解決出来るよう
ゴールデンのジュジュ♀と
アメコカのメイ♀に
癒してもらいなっがら
日々がんばってます。
20歳年上の旦那様との笑える
日常も・・・

ゴールデンのジュジュ♀
2004,04,28生
アメコカのメイ♀     
2004,03,18生 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

スバリスト2

前回に続く


眠れない日々が続く旦那

カレンダーを見ながら指折り数え

「まだ2週間も先か・・・。」と呟きます。





話は10日前に遡ります。



ここはスバルのディーラーです。

アイサイト付きのフォレスターを見にやって来ました。


目的の車は決まっているのですが

目の前には色とりどりの車が所狭しと並んでいます。



「せっかくなので色々見れば?」と、旦那に言うと


旦那は

「他の車を見ても何の意味も無いだろう。」

わき目もふらず目的のフォレスターを目指します。




さすがは最強のスバリストは違うな。

感心していると手前の車が気になったのか

思わず  


「あの車は何?」


と、店長さんに聞きました。


「あれはアウトバックですよ。」

と店長さん


旦那は「新しい車種なのか・・・。」と呟きます。

すると店長さんは

「いえ実はあれレガシーなんですよ。」

と言いました

「えっ!レガシーなの・・・?」



「気づくの遅せーよ。

お前ホントにスバリスト?」


と私が言うと


面目を潰された旦那は

まるで百条委員会で追いつめられた悪徳議員の様に

御託を?並べ始めました。




レガシーと言えば

スバルを代表するフラッグシップカーだな。

僕みたいな大人の男には相応しいかもな

以前、ブルース・ウイルスがCMしてたな

彼はタフガイの代名詞で僕とイメージがダブるし・・・

さらに彼とは同い年なんだ!

不思議な縁を感じるのは僕だけだろうか・・・。」



と、言いながらレガシーに吸い寄せられていきました。




こりゃ、買うな・・・




早速ドアを開ける旦那

「内装は、まるでレクサスだな。」

(スバル関係各位様ごめんなさい。本人は褒めています。)



まずいので

ココからは私のインプレッションです。



車体は、かなり大きい

その分シートも大きく後部座席もゆったりしています。

噂のアイサイトもバッチリついています。



後は乗り心地

試乗も出来るそうです!!




ここからのインプレッションは勿論、旦那です。


加速はスムーズで力強い!

アクセルを踏み込んでも限界を知らない

静粛性も抜群

何も問題は無い様に思える・・・と


一旦言葉を切った旦那

筋金入りのスバリストは一般人と見る角度が違います。






果たして何を言うのか!





すると旦那は・・・




「リエちゃん運転中悪いけど音楽流してくれる。」



と、後部座席から私に声を掛けました。




お前が運転せんかい!



究極のスバリストのお気に入りは

後部座席だった!











『M&Jハウスデザイン』からのお知らせ

スバリストのあなたも納得の 
インナーガレージ付き住宅を建てませんか?

問い合わせ まずはメールで・・・ 『お問い合わせホーム』

注)施行は大分県内に限ります







ぽち   ランキングに参加しちょりますので   ぽち
        どれかおひとつポチリとお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分(市)情報へ
にほんブログ村
































スポンサーサイト

コメント

Secret

NoTitle

こんばんは♪
レガシイ、気に入りましたか・・・?
家は、旦那がレガシイを気に入り、今乗っているのは、
確か3台目。
もう10年以上乗っています。
ここ数年は、私が運転していますがまだまだ乗れそうです。
というか買い換えるお金がない(汗)

NoTitle

こんばんは。

レガシイ・アウトバックに乗っています。

現行型はUS市場想定モデルなので、
正直、日本の道路向けでは無いです。
実質的な後継機はレボーグです。
それでも大きめですね。

NoTitle

ふふふ。。
もう購入されたのかしら?(*´艸`*)

NoTitle

はじめまして。
私は、若いとき長く、内装の仕事をしていましたので
なにか通じるようなものを感じて読ませていただいています。

これからも楽しみにしています。